通信講座で合格を目指す!

通信講座の3つのメリット!

1級建築士向けの試験対策講座として「通信講座」と「通学講座」があります。どちらもおすすめポイントがありますが、通信講座には次の3つのポイントがあります。

通信講座3つのポイント
  • 通学講座よりも圧倒的に安い
  • いつでも自分のスケジュールに合わせて勉強できる
  • 新型コロナも安心!他の受講生との濃厚接触の心配がない!

何といっても一番のメリットは、「費用の安さ」です。スクールにもよりますが、通学講座よりも圧倒的に安いケースも少なくありません。

通学講座だとその場で指導が受けられるから、図面が書けるようになる?

1級建築士の試験の中でも一番の課題は「設計製図試験」です。実務で図面を書いているのに合格答案が書けない、これが多くの悩みでしょう。

通学講座のメリットとして、実際に講師から指導を受けることができる点があります。費用が高いスクールだと、講義中に講師が巡回してその場で指導を受けることができる場合も。

それではお聞きします。通学講座ならば、必ず合格レベルの図面が書けるようになるのか?

試験である以上、採点ポイントがあり、これをクリアしないと合格はできません。このような評価を受けるためには、出題を分析し時間内に図面を完成させる必要があります。

このような図面を実力を養成するには、必ずしも通学講座である必要はありません。合格に必要なポイントやコツをマスターするだけです。

したがって通学講座ではなく、通信講座でも十分に合格を目指すことは可能で、実際に大手スクールでは設計製図を含めた通信講座が充実しています。

おすすめの建築士通信講座

建築士試験向けの通信講座を選ぶ際のポイントは、「カリキュラムがしっかりしているか」「合格へのノウハウはあるか?」「図面を書く力が養成されるか?」、この3つのポイントを中心に選ばれるといいでしょう。

そしてもう一つのポイントが「費用の安さ」です。通学講座では学費が数十万円するスクールもありますが、ネット環境が整った現在では、費用の安い通信講座(動画講義あり)も少なくありません。

そんな通信講座でもおすすめなのが、スタディング建築士講座です。2020年3月現在だと1級建築士講座が開講されています。従来の通学講座と比較して、圧倒的な低価格です。

もちろん実力派講師による動画講義あり、充実した教材やカリキュラムと、ぜひおすすめしたい通信講座です。無料の体験講座もあります。スタディング建築士講座の詳細はこちら

【動画】スタディングのCM動画です。スマホを使って無駄なく学習できるシステムになっています。

このほか建築士試験向け通信講座を開講しているスクールとして、資格総合学院、日建学院、資格の学校TACなどがあります。

(スポンサードリンク)